不快なストレスからどう逃れる?


心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。

 

不快なストレスを感じているとき、私たちは頭の中でどんな言葉を発していると思いますか?

 

 

おそらくかなりの頻度で

なんで! 」

と言っているのではないでしょうか?

 

(自分に対して)

なんでこんなことすら出来ないんだろう」

なんで私はいつも失敗ばかりするのかしら」

 

(相手に対して)

なんであなたは分かってくれないの」

なんで言われたことが守れないの」

 

これは自分のルールが破られたときに言っているようです。

そして、

自分に対する「なんで」⇛罪悪感

相手に対する「なんで」⇛怒り

 

こんな感じでしょうか。

いずれにしても自分を不快にするだけで精神衛生上よい言葉とは言えません。

 

もし「なんで」と思ってしまったときは…

こんな言葉を使って言い換えてみましょう💡

 

どうしたら〜? 」

どうしたら出来るようになるだろう?

どうしたら分かってもらえるだろう?

 

と。

 

パッと解決策が浮かぶかどうかは二の次です。

発想が転換され、ストレスの渦に飲み込まれるのを防いでくれるのではないでしょうか。

お試しあれ🍀

 

つづく…


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)

コメントを残す