苦手な人対策 〜最終章〜


こんばんは。心と体のカウンセリングオフィスTARO san(たろさん)です🐾

〈前回のあらすじ〉

AさんはB係長への苦手意識を減らすため、ニックネーム作戦をおこなったのでした。

今回はニックネームのつけ方と注意点についてまとめました。

ニックネームのつけ方と注意点

1.相手の特徴をいくつか挙げる(できるだけ客観的に捉える)
例:上から目線、言ってることは正論、年上の男性、声は小さい、目を合わさない、など


2.上記1の特徴からクスッと笑えるユーモアのあるネーミングを考える
(特徴の近い有名な人や物、またそれを連想されるものでもいいかも)


3.相手を批判するようなワードは使わない(相手への負の感情が高まってしまうため)
悪い例:うざい、キモイ、根暗、など。


4.間違っても相手に直接呼びかけない🤭


5.あくまでもクスッと笑える程度にとどめる(大笑いする程ツボると、笑いがこらえきれなくなり逆に変なニックネームを付けられます😫)

これらのことは楽しく考えられるのが理想✨

だからあまりカリカリしてる時は避けて、なるべく気持ちが落ち着いている時の方が望ましいと思います😌

最後まで読んでくれてありがとうございました<(_ _)>


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)

コメントを残す