不快を快に変換する機能


心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。

 

特定の相手から何な不快なことを言われたことはないでしょうか?

 

もう随分前のことですが、当時働いている職場でこんなことを言われたことがあります。

「何をやってるんだ! 」

「まだ成果が出ないのか! 」

「むいてないんじゃないか! 」

(今なら問題となるようなセリフもありましたが、そこはカットします😅)

 

まぁとにかくこんな言葉を毎日のように言われた時期がありました。

ツラかったですね💦

 

でも自分なりに気持ちを守る努力はするようにしました。

何をしていたかと言うと…

『変換』

です。

 

キツい言葉をかけられるたびにその言葉をそのまま受け止めると辛過ぎるので、相手の意図を勝手に都合よく変換するのです。

例えば、

「まだ成果が出ないのか! 」

⇛「君ならもう結果が出てもおかしくないばずだ! 期待しまくってるんだから。」みたいな💡

 

どうせ相手の真意なんて確認しようもないんだから、

自分の気持ちが高まるように受け取るほうがラクになれます。

そのほうががんばる気力も出ますしね💫

 

さすがに今では強圧的に何か言われるということはないですが、

不快を快に『変換』する機能は今でも大いに活躍してくれています。

 

最後まで読んでくれてありがとうございましたm(_ _)m


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)

コメントを残す

前の記事

懐かしのSLS2009

次の記事

話をきくスキル