【覗き見👀OK】ゼミ内容をちょっとだけ


心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。

 

今日はたろゼミのメイン活動であるオンラインゼミの内容をちょっとだけお見せしたいと思います。

『負のスパイラルからの脱出法』

 

つらいとき、不安なとき、その不快感が頭の中をぐるぐる駆け回る経験は誰にもあると思う。

忘れようとしてもまた知らない間に考えていたりする。

そういうときってどうやって切り抜けていますか?

 

「ああ、どうしようどうしよう」

「もういやだいやだ」

 

今回はそんなときの脱出法についてのお話です。

 

【今回のストーリー】

野山育子(のやまいくこ)さんのエピソード

(あだ名:シチー)

 â€»æž¶ç©ºã®äººç‰©ã§ã™

シチーは大自然豊かな山奥育ちの22歳女性。

小さい頃からことあるごとに言い続けてきました。

いつか都会にでる!と。

両親、兄弟をはじめその地域全体が家族みたいな環境だったのですが、ほぼ全員がシチーの思いに反対でした。この暮らしとはあまりにもかけ離れているから心配でならないと。

でも都会への憧れは年を重ねるごと大きくなるばかり。

(祖母だけはうんうんとにこやかに話をきいてくれました。そして”お前はシチー(city)が好きだねぇ”ってしょっちゅう言われていました。それであだ名はシチー)

 

そしてついにその時がきた。

このたび就職で愛知県にやって来ました。シチーにとっては初めての県外、しかもちょっと都会。

初めての土地で新たな生活の始まりに心躍るシチー。

同期入社で同じ配属先になった地元出身の地元愛子さんともすぐに仲良くなりました。

 

ランチに誘われて…

「次の休み、暇ならランチでもどう?」

愛子さんからこんなお誘いをもらいシチーはもちろんのりました。

地元民の愛子さんが連れていってくれたのは、お洒落な雰囲気の定食屋さん。

愛子さんは、「私はいつもこれ。ここのとんかつは間違いないよ」と超絶おすすめしてきます。

それじゃあとシチーはメニューも見ずに「私も同じものを」と注文しました。

やってきたのはまるで育ち盛りの中学生が部活の後に平らげるようなビッグサイズのとんかつ、いつなだれが起きてもおかしくない山盛りキャベツ、てんこ盛りご飯、そっと脇をかためるお漬物、そしてマグカップに入ったホットココア、その横には濃厚なチョコレートソース。

 

「ランチにココアなんてお洒落すぎる! しかもココアにはチョコレートソースまで。なんて贅沢な! サービスの決め細やかなこと。これが都会なんだ! 」

シチーはただただ感動しながら、でも冷めないうちにいただこうと思いテーブルの脇に置いてあるとんかつソースにすっと手を伸ばしてとると、とんかつにピャーっとかけました →ここから愛子さんは次第に不機嫌になっていき…

 

一方のシチーはまったく身に覚えがない。

そしてシチーはその後もことあるごとに

「ああ、どうしようどうしよう」

と不快感がぐるぐる回ってしまうのでした。

 

ところどころ端折りましたが、こんな感じのストーリーを交えながら

毎回参加者たちの考えや感じたことなど共有して盛り上がっています。

このテーマは数回開催しましたが、参加メンバーが異なればディスカッションの展開も変化に富み、

それもまた楽しい(^^♪

 

こんな『たろゼミ』をこれからもよろしくお願いします。

心メンテに興味ある方はぜひ”たろゼミ生”になってください。

(たろゼミ生になるのは無料です。興味関心があれば大歓迎です。)

たろゼミ参加フォーム

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー

コメントを残す