二、時間を有効に使うこと。


心と体のカウンセリングオフィスTARO san(たろさん)です🐾

私は病院の正職員です。

そのため執筆するためには、勤務以外の時間を工夫して使う必要がありました。

主な執筆時間は帰宅後と休日ですが、思いのほか有効に使えたのが通勤中の時間でした。

私は車で片道1時間ほどかけて通勤しています。

運転中なのでもちろん実際に書くことはできませんが、頭の中で思い浮かべたり、声に出してみたりしながらアイディアをまとめるにはうってつけでした。

歩いている時間も良かったですね。

犬と散歩しているときはさすがに難しかったですけど、ちょっとした移動で歩きながら思考するスタイルは自分にピッタリでした。

私が颯爽と歩くとき、一番心にしっくりくるBGMはこれです。

歌詞だけでも活気を高めてくれるんですけど、私がイキイキしているときの歩調と気持ちいいほど合うのでご紹介しました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)

コメントを残す