#2-5【終】 人間関係がこじれるフレーズ 〜完結編〜


こんばんは。心と体のカウンセリングオフィスTARO san(たろさん)です🐾

人間関係がこじれるフレーズ※

(※相手の提案や主張に対する第一声で使われる場合)

「それよりさー」
「だからー」
「でもー」

3つのフレーズについてお伝えしてきましたが、これらには共通点があります。
それは、感情が働いた(イラッとするなどの)時に発せられるということです。
もちろん感情的と言っても大なり小なりありますが、何らかの感情が働くことで出やすくなります。

「それよりさー」→自分の主張を優先させたいと感じている
「だからー」→自分の主張を理解されていないと感じている
「でもー」→相手の主張に懐疑的、拒否的な感情を抱いている

このような感情をコントロールする方法は様々あるとは思いますが、これらフレーズを使わないよう意識するというのは比較的シンプルかつ簡単なやり方ではないかと思いご紹介します。


もしも相手の主張に対して、「それよりさー」「だからー」「でもー」といったフレーズが第一声の返答で出そうになったら…

f:id:TAROsan:20181231094940j:image

『ちょっと感情的になってるかも。違う形での返答を考えてみよう。』

こんな感じで頭の中を整頓してみるイメージでしょうか。

あなたの感情コントロールに少しでも役立ちますように🍀

以上『人間関係がこじれるフレーズ』シリーズでした🐾

次回からはストレスに関するテーマにします。

3月12日(火)20:00〜

『ストレスを生み出す工程を知る ~始まり~』です🐾

最後までお読みいただきありがとうございました☺


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)

コメントを残す