#6-5【終】 ストレスを生み出す工程を知る 〜まとめ〜


こんばんは。心と体のカウンセリングオフィスTARO san(たろさん)です🐾

4回に渡ってお伝えしてきました『ストレスを生み出す工程を知る』を、補足も交え簡単にまとめますので、整頓に使っていただけたらと思います。

①ストレスを感じたらその原因は何かを考える。

(補足)原因は自分自身の考え方やルールです。出来事や状況はきっかけではありますが、原因とはしないほうが良いと思います。(その時起こった出来事や状況は過去のことなので、どうがんばっても変えられない→ストレス対処にならない)

②自分の考え方やルールを自覚する。どのような考え方やルールがストレスを生み出しているのかを探っていく際には、「こうあるべきだ」とか「こうに違いない」といった表現にしてみると思いつきやすいかも知れません。

③②で自覚した考え方やルールにちょっとした発想の転換をはかっていく。
どういう発想ができれば多少なりともストレスが緩和できそうか?という視点で。

f:id:TAROsan:20181231114006j:image


同じ出来事、同じ考え方でストレスを感じている人にどんな言葉をかけて気持ちを楽にしてあげたいかを想像してみることもヒントになると思われます。

以上まとめでした。
ご質問やご感想などあれば、お気軽にお問い合わせください。


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)

コメントを残す