資格取れたらどうする?


心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。

 

資格を取る目的は人それぞれなので、良いとか悪いとかの話ではないんですが…

私の解釈では、資格はその分野の専門性を活かして人のために貢献することを認められた許可証のようなものだと思っています。
だから私の場合、志である『不要な争いのない世の中をつくる』ためには人の心をケアする必要があり、そのための許可証として臨床心理士や公認心理師といった資格を取得したということになります。

資格取得そのものが生きがいの1つとして様々な試験にチャレンジしているという人もいるようです。
それも1つの解釈です🤗

 

 

ただ、過去に不快だったのは…
資格取得をこれでもかってくらい自慢されたこと。
敬意を感じていたのにわざわざ自慢されたら萎えました😅
(何かコンプレックスでもあったのかな🙄 とも思ったけどスルー)

友人に弁護士がいるんですが、その友人が弁護士試験に合格した当時のことをふと思い出しました。

「合格したよ! 今度飲みに行こう! ぜひおごらせてよ! 」

友人の受験生時代、気分転換に1度飲みに行ったことがありました。

すでに社会人だった私が飲み代を出したんだそうです。
私自身そんなことは覚えてなかったんですが友人からそう言われ、それで「おごらせてよ」とのことでした。

改めて思います。
なんて律儀なんだ! 彼の自慢話なら歓迎したいくらいだ(笑)

その友人とは今でも親友。
コロナ落ち着いたら飲みに行こう🍻


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)

コメントを残す