心理師の自己紹介 〜幼少期編①


心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。

私は愛知県で生まれ、55日後に三重県へ。

幼少の頃の私を母はこう表現する。
“すばしっこい子だった”と。

なんだそれ!?

どういう意味かきくと、2つのエピソードを教えてくれた。
今日はそのうちの1つを😊

【エピソード1】エレクトーン発表会の巻

私は当時3歳くらい。

兄が参加する発表会が某ホールにてあったので、両親が私を連れ見に行った時のこと。

いよいよ兄の出番が近づくと、母はステージ近くの撮影スポットへ📷
母にしてみたら長男の晴れ舞台なので、カメラを持つ手は緊張で震えていただろうと想像できる🙄

そして兄の演奏が始まった。
母は息子の演奏をファインダー越しに見ている。

すると…

ファインダーにもう1人の息子も飛び込んで来たというのだ💦
慌ててステージを直に見ると…
長男が演奏する真横に次男がいて、しかも鍵盤を1回鳴らしていたらしい。
(それをきいて話を盛ってないかと思ったが、証拠の音源をきかされ勝ち目はなかった)。

母は席を離れる際、父にこう伝えていたらしい。
「この子はすばしっこいからしっかり見ていてよ」と…。

f:id:TAROsan:20200818130200p:image

父の包囲網などいとも容易くすり抜ける子だったようだ💦

エピソード2につづく…


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)

コメントを残す