心理師の自己紹介~社会人編⑥~


心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。

 

復職してからはもちろん仕事に励むのだが、それ以上に健康のありがたみを噛み締めながら行動するようになる。

珍しい病気ではなかったとは言え発症時は死を考えたし、人生初の手術も経験したのだ。

当たり前だった健康を脅かされた体験はこの上ない衝撃だった。

 

そのことが功を奏したのか順調に売り上げを伸ばすことになる。

月間目標の倍、売り上げた月もある。

 

そして新人として本社勤務も1年が経過する頃、こんな辞令が出る。

 

 

「○○支店 支店長」

 

さすがに時期尚早だろうと思ったが、チャレンジ精神もわいてくるものだ。

 

入社2年目にして支店長となる。

 

そしてこの立場こそが私を心理の世界へいざなうことになるのである。

 

つづく


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)

コメントを残す