はじめまして。

心と体のカウンセリングオフィスTARO san(タロサン)のすぐること高尾 卓(たかお すぐる)と申します。

プロフィールは コチラ

突然ですが、あなたはカウンセリングときくとどんなイメージをされますか?

とても大きな悩みを抱えたり、心が病んだりした人が受けるというイメージをされたでしょうか。

私はもっと気軽にカウンセリングを受けられる世の中になることを願い、活動しています。

海外のドラマや映画なんかをみていると、こんなセリフがしばしば出てきます。

(友人関係に困って)「ちょっとカウンセリングを受けに行ってみようかしら。」

(仕事で悩んでいる人に対して)「いいカウンセラーを紹介しようか?」

日常会話の中でこんな言葉をきく機会は、日本ではまずありません。

なぜなら日本では多くの人が、カウンセリングは『心の病気を扱うもの』というイメージで、人にはあまり知られたくないという認識を持っていることと関係していると思います。

私は心理学講座を開いていますが、その中にはカウンセリングも含めています。

ここで言うカウンセリングとは、『心の病気を扱うもの』というよりも、『心の病気を予防するもの』です。

病気になりにくい状態をつくる目的で予防医学がありますが、心の健康を保つという目的で予防心理学も大切だと考えています。

例えば老化や肥満を予防するために、運動や食事管理などをしますね。

そして健康な状態を保つことや、さらなる健康を手に入れることにつなげるわけです。

心も同じです。

心のメンテナンスをすることで、健康な心を維持・向上させることができると考えています。

そのために日常の困ったことを、心の専門家に相談する機会がもっとあってもいいのではないかと思います。

「この程度の悩みを相談してもいいのかな?」って思うようなことでさえ気軽に話しながら、心のメンテナンスにつなげていただきたいという思いです。

実際に私のもとへやって来る方々は、こんな悩みを話されます。

その一例をご紹介します。

・日々のストレスとか悩みなどを何とかやり過ごしてはいるけど、毎回の苦労にウンザリ。もっと楽な心持ちはないものでしょうか。

・いつも余計な心配をして心をすり減らしています。必要以上に心配しなくなるような考え方を身につけたいです。

・人からどう思われているかが気になって、結局自分の意思がうやむやになってしまいます。人の評価なんて気にせず意思をしっかり持てるようになりたいです。

・何かとイライラして不機嫌さを周囲にぶつけて、後で罪悪感。感情をもっとうまくコントロールできたらいいのに。

このような話を丁寧にお聴きしながら、あなたにぴったりな心理学を学べる機会をご提案しています。

それが、

ハイブリッド心理学講座』です。

そして、『普段は自身で心をメンテナンスできるけど、どうしてもそれを超えた出来事があった際にはカウンセリングを受けてコンディションを整える』、というスタイルを世の中に広めることを目指しています。

困ったときに頼れる”かかりつけカウンセラー”であることが私の理想です

カウンセリングメニューについてはこちら をご覧ください🎶

お気軽にお問い合わせください。070-3976-9814営業時間 9:00-21:00

メールでのお問い合わせ