ある20代女性のおどろき発言


心理学講座会員の20代女性が先日こんなことをおっしゃいました。

「私が担当している仕事なんですけど、最近は難易度が高くて上司の手を借りることが多いんです。もうほとんど上司が主体で仕事が進んでいて、私自身まだまだ未熟だなって思いで悔しいんですけど、でも取引先の相手にとっては1番喜んでいただける形が作れていると思うので、これが最適なんだろうなって思って頑張っています。」

 

正直おどろきました。

過去にも似たような状況があって、そのとき彼女はこんな風におっしゃっていたからです。

「私の担当なのにほとんど上司の手を借りないと何もできないんです。

情けないやら悔しいやら、でも上司なしでできる自信もないし…。

周りからも上司の助けがないと何にもできない奴とかって思われてるかもって思うと凹みます。」

 

うーん、心理学を使いこなしてる…。

素晴らしい(^^)


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)

前の記事

助け合いの世の中