助け合いの世の中


今日は第26回心の健康会議に参加するため熊本に来ています。

image

その中で心の健康と、人々がお互い助け合えるような社会作りとが密接に絡んでいるというお話がありました。

それをききながら昨日講座会員さんの女性からきかせてもらったエピソードを思い浮かべました。

それはこんなエピソードでした。

 

近所を歩いていたら道の真ん中でおばあさんが転んだそうです。

それを見た途端近くにいた数名の人々がそのおばあさんのもとへ走り、男性は介助を、彼女はおばあさんから連絡先をきき自宅へ電話したそうです。

そして駆けつけた息子さんに念のため病院へ行くようみんなで説明して、息子さんはそのまま病院へ連れて行ったとのことでした。

 

今日のお話はまさにこういう世の中のことを指してたんじゃないかなぁ。

おばあさんの具合は気になるところですが、彼女をはじめその場で協力をされたみなさんを尊敬します(^^)

そしてこういう人々のつながりで助け合いの世の中が広がっていくのを願っています。


The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)