心理師の自己紹介~社会人編⑧~


心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。

 

心理学を活用して人に貢献したい、困っている人の役に立ちたい。

 

そんな気持ちがぐんぐん高まっていくのが分かる。

じゃあ今の状況でそれを実践すればいいか?

そうではない。

ここで言う心理学を活用した貢献とは、”専門家として” という意味だ。

しかしこれは大きな決断であるのも分かる。

 

果たしてこの願いは叶うのかという不安もある。

 

でも高まる気持ちを抑えきれないのも分かる。

 

悩みぬいた末…自分の率直な気持ちを信じることにする。

 

そうだ、臨床心理士になろう。

 

 

当時の自分にはとても大それた決断だったような気がする。

これは新人の頃に入院した際、人生を見つめる機会があったことが強く影響していると思う。

もし入院もせず毎日やって来る日常に流され生きていたら、こうはならなかっただろう。

会社を退職し大学院進学を目指す受験生となることを決意したのだった。

 

大学院受験生編につづく


コメントを残す