心理師の自己紹介~社会人編⑤~


心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。

 

入院してすぐは全然落ち着かなかった。

あまりにも生活ペースが違うのだ。

こんなことしていていいのかと本気で思っていた(何もできない状態のくせに)。

1週間くらい経過すると徐々にペースに慣れてくるものだ。

しかしさらに1週間が経過すると今度は、体感時間がとてつもなく長くなるのだ。

1日はこうも長いものかと。

 

これが人生について改めて考えてみる時間となる。

 

この経験が後に会社を退職し、心の専門家を志すきっかけとなったのだが、この時はまだそんな発想は微塵もしていない。

 

つづく


コメントを残す