心理師の自己紹介~大学院受験編③~


心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。

 

覚悟を決めた私は無敵だった。

恐れるものなど何もなかった。

ただひたすら目標に向かって爆走するのみだった。

 

はずだった…。

しかし人生は思い通りにはいかないものだ。

そう思わせたのは、

A大学大学院から届いた合格通知だった。

奇跡的に合格してしまったと言うほかない。

自慢したいとかそういう話では全くない。

自分の中では大きな挑戦をする覚悟を決めていたため、

正直すこし複雑な気持ちだった。

 

 

といって目的への第一歩をつかむことが出来たわけで、

その機会をみすみす逃すつもりはない。

予定より1年早く臨床心理士として生きていく切符を手に入れたのだ。

そう思うことで気持ちがスッと落ち着いた。

 

私はA大学大学院への入学を決めた。

ちなみにB大学からの通知が不合格だったことは言うまでもない。

 

 

大学院編につづく


コメントを残す