心理師の自己紹介〜社会人編④〜


心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。

ちなみにこの日は私にとって特別な日だった。

入社して間もなく引き継いだクライアントさんとの契約日だった。

飲食店経営者であるこの方、とても切実に物件を探していた。

近隣住民への配慮なども十分すぎるほど考えていらっしゃったため、なかなか条件に合う物件が見つからずにいた。

何件紹介しただろうか🤔

紹介するたびにここが違うと言われまくったが、ケチをつけるのではなく、熱意ゆえであることは容易に感じ取れた。

だから私も熱意で応えた(つもりだ)。

しばらくしてそのクライアントさんは私にこんな話をしてくれた。

「正直言うと他の不動産屋さんにも依頼してます。でも自分はこだわりが強いせいかなかなか紹介してもらえなくなってました。だからこんなふうに熱心に物件紹介してもらえるのは本当にありがたいんです。あなたと契約したいです!」

(嬉しすぎる…)

そしてとうとう条件に合う物件が見つかり…

「この物件が気に入りました。あなたと契約できること、嬉しいです。今までありがとうございました!」

(泣きそう…)

そして契約日当日を迎えたのだった。

それなのに入院て…💧

しかしこの入院という人生最大の危機が

実は人生のターニングポイントとなることを

当時の私はまだ知らなかった。

つづく


コメントを残す