もしもボックス活用法


ドラえもんの秘密道具の1つにもしもボックスというものがあります(^^)

これは電話ボックスみたいな形をしていて、「もしも〇〇な世の中だったら」という仮定が現実に起こったらどうなるかが分かる道具です。
多分世の中が出来ているのは、人々の脳内にあるもしもボックスによるものなんだろうなぁ(=^▽^=)
例えば…
「もしも空を飛べる世の中だったら」と過去の誰かが仮定して、現在は飛行機が存在している。
「もしもどこでも電話できる世の中だったら」と過去の誰かが仮定して、現在は携帯電話が存在している。
そして、これからの世の中もおんなじようにして出来ていくんだと思います。
皆さんは脳内のもしもボックスでどんな未来を仮定しますか?

今日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

The following two tabs change content below.
TAROsan(たろさん)
心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)のすぐる&ゆりです。 対人援助職としての経験から最も大切だと学んだこと、それは…心の自己管理(心メンテ)でした🍀 以来15年以上に渡り、心メンテの実践と研究を続け、対人援助に携わる人たちに伝えています😊 すぐる:臨床心理士、公認心理師 ゆり:理学療法士、メタ・ヘルスプラクティショナー
TAROsan(たろさん)

最新記事 by TAROsan(たろさん) (全て見る)